この国における美容外科の来歴では、美容外科が「紛れもなく真っ当な医療」であるとの見解を得るまでに、意外と長くかかった。

現代を生きる私達は、常時体内に蓄積されていく恐怖の毒素を、多種多様なデトックス法を利用して体外へ排出し、どうにかして健康になりたいと必死になっている。
女性たちが「デトックス」にのめりこむ最も大きな理由は、我々が暮らしている環境の悪化だろう。
大気や土壌は汚され、果物などの食物には作用の強い化学肥料や害虫予防の農薬がたっぷりかけられていると喧伝されているのだから無理もない。
整形外科とは異なって美容外科が損壊などのない健康な身体に外科的な施術をする医療行為であることを鑑みても、やはり安全性の意識があまりにも疎かにされていたことが大きな原因だろう。
外見を装うことで心がはつらつとして豊かさが生まれるのは、顔にトラブルを抱えている人もいない人も一緒。
化粧は自分で元気を見つけ出す最良の方法だと信じています。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーのような反応とつながりがある状態の内、肌の激しい炎症(掻痒感等)が伴うものであり皮膚過敏症の一種なのだ。
女性誌や美容の書籍には、小顔になる、肌が美しくなる、痩身、デトックスされる、免疫アップなど、リンパ液を流せばみんな思い通りになる!という魅力的なフレーズが掲載されている。